販促イベント・商品PR・店頭販売に演劇の力を

事例紹介

事例をもっと見る

劇的プレゼンテーションとは?

日々進化していく商品やサービス。消費者の選ぶ目は厳しいですよね。
伝える側がどんなに熱心でも受け取る側の心に何かを響かせなければ、どんなに良い商品でも、すばらしいサービスでも、埋もれてしまいがちです。
まずは、この商品を手にすることで具体的にどんないいことがあるのか・・・。
そんな想像をお客様自身に思い描いていただくこと。それにはリアリティと説得力が必要なのです。
私たちは「演劇力の可能性」を追求するとともに、エンドユーザーの目線に立ち、商品やサービスの良さを「劇」や「パフォーマンス」という形で分かりやすく、かつ面白く、表現します。
心に響くプレゼンテーション。そのいくつかをご紹介させていただきます。

店頭パフォーマンス(販売応援)

家電量販店や、販売店にパフォーマンススタッフを送りこみます。
POPやカタログ、広告だけではその魅力を伝えにくい商品を、
集客ノウハウを使って、直接お客様に訴求します。

購入者の生活シーンと商品機能のマッチング

お客様との直接的なコミュニケーションによる販売促進は、私たちの最も得意とする分野です。
独自の集客方法で集めたお客様には、まず購入意図を多数の方法で確認します。そしてお客様に合わせた商品説明を行います。
リアリティのあるプレゼンテーションは、その商品を手にした時の想像力をわかせ、購買意欲の喚起、購入の後押しに繋がります。

コンペ・商品PRのトーク代行

プロのしゃべり手が貴社の社員となってコンペや展示会でトークいたします。プロならではの説得力・表現力で、伝えたい事を相手に明確に伝えます。

説明するだけではない印象に残るプレゼンテーション

伝えたい情報をただ連ねて説明することは誰にでもできます。
問題はプレゼンテーションという枠の中で、どのように表現すればより的確に情報を伝えられるかです。
それは話し方一つ、動き一つで大きく変わることなのです。
良い企画や商品に、魅せるシナリオを加える独自の手法で、より効果の高いプレゼンテーションを行います。

劇で見せる、商品PR
システム説明・会社概要

商品の特性や難しい商品やシステムを劇化してお見せする「劇的プレゼンテーション」エンターティメント性あふれるプレゼンはお客様の興味を引きます。会社概要や歴史など、どんなものでも劇化は可能です。

ストーリー展開で、より身近に、よりわかりやすく、
より感動的に!!

演劇は、会話を組み立てて台本にして、役者がライブで演じることで、伝えたいことをリアルに観客に投げかけていきます。カタログの文章や、営業トークで売り込むよりも、商品の良さを物語に構成し、役者が目の前で演じる方がリアリティを増し、より分かりやすく伝えることができるのです。たとえば、家族構成劇・バカ殿とお姫さまと腰元・天使と悪魔・マンガキャラクター・着ぐるみ利用などネタは多彩です。

プレゼンテーター紹介

  • 藤原 江梨華Erika Fujiwara

  • 小林 菜穂美Naomi Kobayashi

  • 坂内 愛Ai Sakauchi

  • 工藤 麻依Mai Kudou

  • 伊織 瞳Hitomi Iori

  • 岡田 晴夏Haruka Okada

  • 谷津 かおりKaori Yatsu

オフィスLRとは

私たちは、プロの表現者集団です。
主に小劇場で活躍している俳優たちが沢山おります。
演劇だけでなく、その力が発揮される場所にはいつでもお声かけください。

従来の芸能プロダクションだけでなく、
「演劇力の可能性」を追求して、表現者が繰り広げる販売促進イベント・演劇のスキルを使った表現教育による企業研修・プロの俳優を起用したロールプレイング研修・映像制作など、幅広く演劇の力をビジネスシーンに役立てております。

「人」が持つ能力を最大限に高め、ともに成長していくために、愛を持ってサポートを行っています。
事務所内メンバー間はもちろんのこと、お客様とも「エンパワー」される真の信頼関係を築いていきたいと思っております。
どんなことでも構いません。お気軽にお問い合わせください。